更年期障害の症状と治療

更年期障害の症状や具体的な治療方法についてガイドします。

カテゴリ一覧


更年期障害は、様々な身体的症状や精神神経症状が現れます。エストロゲンの低下に伴い急速に発現する早発症状と、閉経後数年から10年以上してから発生する遅発症状とがあります。早発症状としては、のぼせ、ほてり、冷え症、発汗異常などがみられます。女性だけではなく、男性にも更年期障害はあります。


ホームページ
ホームページ作成  アクセス向上  CGI  リンク集  総合情報  ブログ
エンターテイメント
映画  ゲーム  音楽  芸能人  総合情報
グルメ
飲食店  総合情報
ショッピング
CD DVD  書籍  雑貨  ファッション  総合情報
趣味
美容  ブログ  占い  総合情報


更年期は、まさに性成熟期から生殖不能期への移行期(45~55歳)にあたります。更年期障害は、この時期に生じる自律神経失調症状と精神症状が相互に関係しあって起こる、不定愁訴(ふていしゅうそ)の総称と考えられます。


地域
海外  北海道  東北  信越  関東  東海  北陸  近畿  中国  四国  九州  沖縄
教育
英語  資格  総合情報
スポーツ
サッカー  野球  総合情報
その他
総合情報
ビジネス
アフィリエイト  副業  オークション  企業情報  総合情報


検査と診断については、まず年期障害の疑いがある時は、専門医の診察を受けましょう。血液ホルモン検査をすることが大切です。更年期障害の程度は、本人の性格はもちろん、精神状態や周囲の環境などから影響を受けます。ですので、生活習慣・生活環境の改善を図るのが基本となります。